Windows Updateの一時ファイルを削除してエラー8024200Dを解決する方法(Windows7)

Windows Updateの一時ファイルの削除で解決できたのでメモ。

何度やってもWindows Updateが失敗する

Windows7のPCをリカバリしてWindows Updateしていたら8024200Dというエラーが出ました。

アップデートに失敗したのは2019年4月分のマンスリーセキュリティロールアップなのですが、再起動や更新ファイルの確認を何度行っても8024200Dのエラーが表示されてダメでした。

手動でインストールしても失敗

自動がダメなら手動で更新ファイルをインストールしてみましたが、途中までインストールが進むのですが、最後に「インストールできませんでした」的なダイアログが表示されました。

試した手動のインストール方法

ダウンロードした更新ファイルを以下の方法でインストールを試みましたが、どれも失敗しました。

Windows Updateコンポーネントのリセットも失敗

Windows Updateのデータベースが壊れているのかな?と思ったのでWindows Updateコンポーネントをリセットするバッチファイルを実行し、再起動後にWindows Updateの「更新ファイルの確認」からアップデートを再チャレンジしてみましたが、状況は変わりませんでした。

Windows Updateコンポーネントをリセットするバッチファイルの参考ページ

一時ファイルを削除して解決!

今回のWindows Updateが失敗する原因は更新ファイルをインストールする際にできる一時ファイルの破損が原因でした。インストール中に何らかの問題が発生し一時ファイルが壊れると何度やっても特定の更新ファイルだけがインストールに失敗するようです。この一時ファイルを削除したら無事にアップデートが成功しました。

以下のフォルダ内をすべて削除する

実際の解決方法は、Windows Update(サービス名:wuauserv)を停止して、以下2つのフォルダ内にあるものをすべて削除すればOKです。削除が終わったらWindows Update(サービス名:wuauserv)を開始させます。

簡単に実行するためのコマンド

コマンドプロンプト(管理者)を起動し、以下のコマンドを実行してください。

Windows Updateサービスを停止するコマンド

sc stop wuauserv

または

net stop wuauserv

フォルダ内のファイルとサブフォルダをすべて削除するコマンド

rmdir /s /q C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\ /s /q
rmdir /s /q C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore\ /s /q

rmdirrd とすることもOK。/s はサブフォルダ内のファイルも対象するオプション。/q は確認メッセージを表示しないオプションです。

Windows Updateサービスを開始するコマンド

sc start wuauserv

または

net start wuauserv

バッチファイル

@echo off

choice /m フォルダ内のすべてのファイルを削除しますか?
if not %errorlevel%==1 exit

net stop wuauserv
rmdir /s /q C:\Windows\SoftwareDistribution\Download\
rmdir /s /q C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore\
net start wuauserv

echo 削除しました。
pause
exit

80072EFE・80070003にも使える!?

試していませんが、以下の参考ページではエラーコードが80072EFE、80070003の時も解決できたとありました。他にも8024400E、80080005、8020002Eにも使えたというコメントもありました。アップデートを何度やっても失敗するときは試す価値がありそうです。

windows updateが「不明なエラーが発生しました」と報告してアップデートが失敗する場合の解決方法 - sakura scope

https://www.nishishi.com/blog/2014/10/80072efe_update.html

PAGETOP