AFUDOSをCD-Rに焼いてBIOSをアップデートする方法

フロッピーの起動ディスクイメージからブータブルCDを作る

ASUSのマザーボードのBIOSを何度かアップデートしていますが、毎度やり方を思い出せないので、ここにメモ。

アップデートにフロッピーディスクが必要らしいのですが、いまどきフロッピーなんか使っていないし持っていないので、今回は仮想フロッピー(仮想FDD)で作成したFDイメージ(bin)をISOファイルに変換し、それをCD-Rに焼いてアップデートします。

手順

  1. BIOSとAFUDOSをASUSサイトからダウンロード。
  2. Virtual Floppy Driveで仮想FDDを作成。
  3. 仮想FDDに「****.bin」とファイル名を付けて新規フロッピーをマウントする。
  4. 仮想FDDを右クリック「フォーマット」で「起動ディスクを作成する」にチェックを入れてOKを押す。
  5. 仮想フロッピーの起動デスクにダウンロードしたafudos.exeとBIOSのファイル「****.rom」をコピーする。
  6. FDDのイメージファイル「****.bin」をFDtoISOでISOイメージに変換しCD-Rに焼く。
  7. PCをCDブートし、起動したDOSプロンプトに「afudos /i****.rom」と入れEnterを押すとアップデートが始まる。

2015/02/23追記

ブータブルUSBを作ってアップデートする方法もあるようです。マザーボードがUSBブートに対応していればこちらのほうが簡単です。ISOを書き出してCD-Rに焼けばブートCDも作成できます。

rufus - the official website (download, new releases)

https://rufus.ie/

ツールダウンロードページ

fdtoiso

http://kaeru.tuzikaze.com/fdtoiso.html

PAGETOP