解決!Windows10タブレットでAPN設定しても圏外のままなので「既定のAPN」をコマンドで削除

LTE搭載のWindows10タブレットHP Elite X2 1012 G2(LTEモデル・Docomo版)にBIGLOBEモバイルのSIMカード(Docomo回線用)を入れて設定しても圏外のままインターネットに繋がらず、困ったのですが解決したのでメモ。

結論から言うと既定のAPNを「Netsh mbnコマンド」で削除したら繋がりました。

方法は最後の方に書いています。スクリーンショットを撮っていないので、わかりにくいですがとりあえずメモ。

APN設定したのに「圏外」

BIGLOBEモバイルのSIM(ドコモ回線)を差し込み、画面右下のWi-Fiのアイコンをタップすると、とりあえず電波は掴んでいるようなアンテナマークと接続先としてJP DOCOMO (LTE)と表示されていましたが、BIGLOBEモバイルのAPN設定をしていないので当然「圏外」です。

そこで、以下のようにBIGLOBEモバイルのAPN設定を追加しました。

Windows10のAPN設定を追加する画面の場所

  • [設定]-[ネットワークとインターネット]-[携帯電話]-[詳細設定]

設定後、接続先の表示がDocomo LTE(HSPA)に変わりました。ここでサクッと繋がる予定が圏外のまま。

正常であればステータスが「適用済み」→「アクティブ化中」→「アクティブ化済み」となり、回線が接続された状態になります。

しかし、「適用済み」→「アクティブ化中」→「切断済み」「圏外」を繰り返し、インターネットの接続が確立されませんでした。

Windows 10に「インターネットAPNの追加」をする手順の参考ページ

BIGLOBEのAPN設定について

BIGLOBEモバイルのAPN設定はいろいろ調べると以下の2種類があるようですが、どちらを試してもダメでした。

プロファイル名 biglobe
APN biglobe.jp
ユーザー名 user user@aporg
(通信の最適化を解除)
パスワード 0000
サインイン情報の種類

CHAP または PAP

IPの種類 IPv4 または IPv4v6

 

BIGLOBEのAPN設定内容の参考ページ

 

なぜか場所を変えると繋がるときがある

同じ建物のデスクから約30mくらい離れた場所をうろちょろしながら、画面右下の「Wi-Fi」のネットワークアイコンから「携帯電話」をタップしてLTEのON/OFFを繰り返していると、何回かに一度、接続できることがありました。一度繋がってしまえば、デスクに戻っても切断されることなくインターネットができました。

でも、デスクで再起動すると圏外のままインターネットに接続できませんでした。また繋がった場所に行くと何度かに一度接続できました。

mineo(マイネオ)はサクッと繋がった

スマホではmineo(マイネオ)のドコモ回線を使用しているので、試しにnanoSIMmicroSIMのゲタ(アダプタ)を着けてWindowsタブレットに入れました。そして、mineo(マイネオ)のAPN設定を追加したらサクッと繋がりました。再起動しても少し待っていればアクティブ化済みになり、インターネットに自動で接続されました。

同じDocomoのLTE回線を使うSIMなのに不思議です。それからまたBIGLOBEモバイルのSIMに戻すと圏外のままでした。

認証がうまくいってなさそう

電波は掴んでいるけど、アクティブ化できないということで、どうやら認証がうまくいってなさそうです。SIMカードが悪いのかなと思いましたが違ったようです。

「既定のAPN」の設定はなぜかmopera?

[設定]-[ネットワークとインターネット]-[携帯電話]-[詳細設定]にあるAPN設定は「既定のAPN」と今回追加した「biglobe」ですが、プロファイル自体は以下の場所にXMLファイルとして保存されているらしいので、フォルダを開くと5つくらいのXMLファイルが出てきました。

このフォルダは隠しフォルダなのでパスを直打ちして開くか、フォルダオプションで隠しファイルを表示する設定にしないと開けないので注意してください。

  • C:\ProgramData\Microsoft\WwanSvc\Profiles

設定画面ではAPN設定は2つしかないのに、プロファイルのXMLファイルはなぜか5個ありました。とりあえず、5個のXMLファイルをIEまたはメモ帳で開いてみると、なぜかDocomoのインタネットサービスプロバイダ(ISP)であるmoperaの文字が入ったプロファイルがありました。moperaのAPN設定はしていません。SIMを挿すと勝手に「既定のAPN」が作成されたのすが、その中身がどうやらmoperaっぽいです。

「既定のAPN」の内容を変更してみるが失敗

未適用だけど既定のAPNが優先されてるのかもしれないと思い、設定画面では「既定のAPN」の編集ができなかったため、HPの「APN設定ツール」というものを試してみました。「これで既定のAPN設定の内容をBIGLOBEモバイルのAPN設定に変更できるのではないか?」と期待したのですが、変更できませんでした。

既定のAPNのプロファイルが邪魔してる?

BIGLOBEモバイルのプロファイル(APN設定)を追加して適用しているので、「既定のAPN」は未適用というステータスになっていますが、でもなんかこの、「既定のAPN」が怪しいような気がしてきました。

既定のAPNのプロファイル(XML)が消せない

試しに、「既定のAPN」のプロファイルであろうmoperaの記述のあるXMLファイルを削除しようとしてみましたが、権限がないというエラーで削除できませんでした。XMLファイルはWWAN AutoConfig(WwanSvc)というサービスが権限を持っていて、このサービスを停止しても削除できませんでした。管理者ユーザーでも権限を追加することができず削除はできませんでした。

WWAN AutoConfig(WwanSvc)はモバイルブロードバンド のデータ カードまたは 埋め込みモジュールアダプターの接続とネットワークを自動的に構成することによって管理するサービスのようで、 モバイル ブロードバンド デバイスを快適に使うためには、このサービスを常に実行しておくことが必要です。このサービスを止めると携帯電話のAPN設定や、LTE接続のON/OFFができなくなります。

Netsh mbn コマンドで既定のAPNを消す

いろいろ検索してみると、Netshmbn(モバイルネットワーク)コマンドでC:\ProgramData\Microsoft\WwanSvc\Profiles内のプロファイル削除ができることがわかりました。

現在のプロファイル(APN設定)を確認するコマンド

コマンドプロンプトから、まず以下のコマンドでAPN設定(プロファイル)の登録状況を確認してみます。

netsh mbn show profile interface="携帯電話"

既定のAPNとBIGLOBEの2つしかないはずが、なぜか3個出てきました。(※表示されているプロファイル名は一例で実際とは異なります。)

インターフェイス 携帯電話 のプロファイル:
-------------------------------------
412DA160-BD69-4FBD-BCF8-E10FB9D0F5D0
984CBF5C-EF13-47B5-85D8-F678C77ECBFF
{EA1B3190-0220-4060-B7A2-F6252EFC9F2A}

一番下の{}付が手動で追加したBIGLOBEのAPN設定のIDで、XMLファイルの中に記述があります。(XMLファイルのファイル名ではありません)

プロファイルの概要を見るときはnemeパラメーターを付ける

netsh mbn show profile interface="携帯電話" name="{EA1B3190-0220-4060-B7A2-F6252EFC9F2A}"

プロファイル(APN設定)を消すコマンド

それぞれのプロファイル名をコピーして以下のコマンドで上2個を削除します。該当のXMLファイルがC:\ProgramData\Microsoft\WwanSvc\Profilesから消えます。

netsh mbn delete profile interface="携帯電話" name="412DA160-BD69-4FBD-BCF8-E10FB9D0F5D0"
netsh mbn delete profile interface="携帯電話" name="984CBF5C-EF13-47B5-85D8-F678C77ECBFF"

登録が消えたか確認

再度、netsh mbn show profile interface="携帯電話"でプロファイルの登録状況を確認したところ、以下のように1つ(BIGLOBEのプロファイル)だけになっていました。

インターフェイス 携帯電話 のプロファイル:
-------------------------------------
{EA1B3190-0220-4060-B7A2-F6252EFC9F2A}

(※表示されているプロファイル名は一例で実際とは異なります。)

プロファイル(APN設定)を追加したいときのコマンド

ちなみに、試していませんが手動で作成したAPN設定のプロファイル(XML)を登録するときは以下のコマンドでできるようです。

netsh mbn add profile interface="携帯電話" name="c:\profile.xml"

繋がった!再起動してもサクッと繋がった!

このコマンドにより、「既定のAPN」を消すことができました。そして、再起動後はサクッと自動でLTEにつながりました!

BIGLOBEモバイルに限らず、Docomo系の格安SIM(NVMO)がつながらないときは「既定のAPN」をコマンドで削除するとうまくいくかもしれません。

また、今回はHPのWindows 10タブレットでしたが、Microsoft SurfaceのLTEモデルでも同様の問題が起これば試してみてください。

その他「Netsh mbn コマンド」に関する参考ページ

前へ

農林水産省の広報誌「aff(アフ)」でジビエ特集

次へ

2018年2月現在、最新のWindows Update 月例ロールアップ (Windows10/8.1/7)